合同説明会では自分がよく知らない業界の会社を見よう

時間を有効活用できる合同説明会では、自分が強く希望する会社を優先的に見るのも有効ですが、それ以上に自分がよく知らない業界の会社を一通りチェックすることに向いています。

原則的に公開されている情報しか得られないので、合同説明会を利用して、自分があまり調べていない業界を短時間で理解すれば、それだけ翌日以降の就職活動において役立つのです。


多くの人間が出入りする場だから、試しに聞いてみたけれどもやはり興味が湧かないとなったら、すぐに退出して別の企業ブースを回る時間に充てられます。
企業によっては参加者名簿に記入が求められるものの、別に途中で退出した人間がチェックされることはなく、途中でも自由に出入りできる雰囲気です。
人事部の社員にとっては、合同説明会を開催している時間帯において会社説明を繰り返すだけであって、途中で誰がどうしたなどとは気にしていません。



開放された空間において仕切りがされているだけだから、自分のエントリー数を増やすキッカケとして、途中からでも適当に空いている席に座って聞いてみるぐらいで十分です。



人が多く集まる合同説明会でもなければ、自分にとってあまり興味がない業界の会社を集中的に調べる機会はないので、気軽に色々な企業のブースに足を運んでみましょう。就職活動では自分と業界の相性も考慮した方が、自分の将来を託すに足る会社を見つけやすくなります。そもそも、内定を勝ち取れなければ、社会人として働き始められないので、まず自分の滑り止めを確保しておく意味でも、幅広く業界研究をしておくことが重要です。